真っ直ぐな思いに感動する日々

こんにちは、運営のYASUKOです。今日は雲の多い名古屋の空ですが、やはり相変わらず暑いです。そしてその暑さも蒸し暑い💦

仕事から帰宅すると連日観てしまうのがオリンピックです。日本の今の状況からすると、いろいろな思いや心配事は尽きませんが、そことは関係のないところでアスリートの皆さんの姿に心を打たれる毎日です。

4年間そのためにありとあらゆる事を犠牲にしてこの大会一点に取り組んでいらっしゃった選手の方々、コロナの関係で延期になったので5年間です。相当長い年月ですよね。

昨日は日本体操男子の個人総合の試合を観ておりました。橋本大輝選手が途中吊り輪で減点があり、一位から一気に順位が下がってしまった時は見ていられず他の試合にころころとチャンネルを変え気を紛らわし、サッカーがあのフランスに相手を0点で抑えて勝っていることに驚き😵そしてまた体操のチャンネルに戻ることをしながらオリンピック観戦に一生懸命でした。

橋本選手が順位の落ちたところから、メンタルを崩さずに攻めの姿勢で残りの種目で素晴らしい演技をされ、逆転優勝された時は、ありきたりですが心から感動しました。内村選手から橋本選手へのバトンが受け継がれた瞬間でしたね。試合後橋本選手が最後の鉄棒の演技について、落ちてもいいから楽しもうと思った、と話されていました。それはこれ以上出来ないほどの努力をされてきた先に感じた思いでしょうし、彼のメンタルの強さからでしょう。

そしてそれとは逆に番狂わせになってしまったバトミントンの桃田選手の敗退については、本当に残念でした。いろいろな試練があったところから這い上がってきた桃田選手にこれでもかというほどまた試練が与えられたのだな‥と辛い気持ちになりました。いつか彼の努力や思いが報われる時がきてほしいと、切に思った試合でした。

オリンピックに関しては今でも中止だ、いや続けるべきだ‥などなど様々な意見や思いがあり、通常のオリンピックのように手放しで盛り上がることはやはりするべきではないと思っています。でもそれとは別のところですべてをこの大会にかけてきた日本だけではなく世界のアスリートの方々のご健闘を素直に応援したいという気持ちに大会を観ながら感じるのです。

コロナによって物事が複雑になり、時には心が荒むような出来事もあるこのご時世ですが、そんな時だからこそ純粋な思いで何かに取り組む姿勢に心打たれるのかもしれません。

今日はそんな私の独り言でした。引き続き素敵なごかをお過ごしください✨✨✨

関連記事

PAGE TOP