文化の日にふと感じたこと

おはようございます、運営のYASUKOです。昨日は文化の日でした。私はほぼ祝日などが関係ない仕事のスタイルなので、外出先の様子がいつもとは違うことから、その日が祝日だと実感することが多いです。

文化の日は、国民の祝日に関する法律の第2条によれば、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨としているとのことです。私たちの暮らす日本は世界から見ても平和で安全な国です。一方で世界には紛争の最中であったり、貧困で毎日多くの人々が亡くなるような悲惨な状況にある国々もまだまだあります。

先日仕事からの帰り道に聴いていたラジオ番組の中で、大人気のチョコレート菓子のブラックサンダーを製造されている有楽製菓さんが、一部原料から児童労働撤廃への取り組みをされていることを知りました。下記に添付👇

https://www.yurakuseika.co.jp/news/ブラックサンダーは子どもたちの笑顔をつなぐ-一/

また同じ日にブラザーさんがSDGSの取り組みの一つとして同じような取り組みをされていることを知りました。

ここ最近はSDGS(持続可能な開発目標)に取り組みことが企業はもちろん、個人のレベルでも広がりつつあります。17の世界的目標の中には貧困、紛争、ジェンダー、環境問題などが含まれています。

環境問題については、ここ数年の異常気象で年中関係なく発生する台風や大雨による被害、かつての日本の四季が失われつつあるここ最近の季節などが私たちが異変を感じる場面でしょうか。

一昨日なにかのニュース番組でワシントンの桜の名所である公園近くの川の水位が温暖化で上昇し、桜がほぼ全滅に、そして数十年先にはホワイトハウスあたりまで水位が上がるとのことでした。これはかなり深刻な状況です。

国レベル、企業レベルはもちろん、私たち個人レベルでもこれらのことを考える、それぞれのレベルで取り組めることを行動していくことが、ありきたりですが大切だと思います。人類が崩してしまった地球のバランスを責任をもって戻していかなければなりませんから。

今を生きる私たちだけではなく、100年先を生きる人々が安心して日々を送ることができる平和で安全な環境に、そして多様性を当たり前に受け入れられる世の中に、そんな世界、地球になっていくことを切に願った文化の日でした。

 

#文化の日 #自由と平和 #誰もが安心して暮らせる世の中に #SDGSへの取り組み #地球を大切に #未来へ繋がる行動

 

 

関連記事

PAGE TOP